Skip to content

現代では若い人の間でも膝の痛みに悩む人が増えています

友人と一緒に公園を散歩していると、私はこのところ悩んでいた膝の痛みがぶり返してきたことに気付きました。

しきりに膝をさする私に友人が気遣わしげな視線を向けてきます。

「さっきから、しょっちゅう膝をさすっているけど、いったいどうしたんだい?」

「実は最近、膝が痛むようになってね。まだ実生活に支障は無いけど少し気になっているんだ」

言い訳めいた私の言葉に友人は真面目な顔を向けました。

「それは少しでも早めに対策を講じた方がいいね。あまり事態を軽く見ない方が良いよ」

「まだ若いんだし大丈夫だよ」

私が空元気で胸を張ってみせると、友人は首を振りました。

「確かに君も僕も三十代だけどね。膝の痛みは必ずしも中高年から始まる症状じゃないよ。今は二十代や三十代といった若い世代にもひろがってきている悩みなんだ」

「でも私は過去に事故に遭ったこともないし膝を酷使するようなスポーツをやったことも無いのにどうして膝が痛むようになったんだろう?」

私は日頃思っていることを口にだしました。

「膝の痛みは直接的原因は無くても日常生活を起因にして発生することも多いそうだよ」

友人の言葉に、私は自分以外にも膝の痛みで悩んでいる人は大勢いることを知りました。

日頃膝の痛みの症状を抱えていた私は、同年代の友人にその悩みを相談することにしました。

どうやら友人は私より膝の悩みの解消法について詳しい知識を有しているように見えたからです。

「多くの人が膝の痛みに悩んでいるというのは本当かな?」

「そうだよ。ある調査では一般生活者において実に四割近い人が、過去に膝に関して悩みを経験したことがあると答えてるんだ」

「そんなに多いのかい!」

「でも大事な話はここからなんだ。過去に身体のある部位に痛みを経験した人のうち約七割が症状が改善したという実感をもってないそうなんだよ」

「つまり痛みが慢性化しているということだね」

私はいま抱えている膝の痛みがこれからもズッと続くのかと考えてショックを受けました。

「だからこそ膝に痛みや違和感を覚え始めたら早めに手を打つ必要があるのさ」

友人は私を自宅に誘い所有しているパソコンを開きました。

「今はインターネットに情報が溢れている時代だ。

そこには関節部分の痛みに関する解説やその対策を提示しているサイトも少なくない。

僕のお勧めのサイトはここだよ。

膝の痛みへの対策法を知る

友人が指し示してくれたサイトには、膝の痛みに関する有益な対策法が紹介されていて大いに私の興味を惹きました。

Categories: .